お役立ち情報

こんにちは★
管理栄養士の海田です!
まだまだ暑い日が続いていますが 今年はコロナの予防をするためにマスクで過ごす夏です。
その中で 今年は熱中症により2020年8月16日までの1週間で全国で1万2,804人が救急搬送されています。
去年と同じ時期よりも約5000人多くの方が熱中症となっているのです。。。
マスクをつけて過ごす暑い日はまだまだ続き熱中症との危険とも隣り合わせです。
そこで知っていていただきたいことは 熱中症予防には水分補給に加えて
筋肉が大切ということです!!!
「なぜ筋肉?」と思われた方もいらっしゃると思います。それは、
筋肉は体内で水分を貯めておくタンクの役割を担っているからなんです!!!



脂肪中の水分は20%に対し、筋肉中の水分は80%!!
筋肉の量が多ければ多いほど、水分を貯めておくことが出来るのです。
さらに体に水分が十分にあると、汗で身体から熱を発散しやすくなるので、 熱中症になりにくくなります。
とくに高齢者の場合、加齢により筋肉のタンク機能が衰えているため、特に注意が必要です!
心配になった方!!大丈夫です!!
筋肉は何歳になっても増やすことができます!!
↑スマイルクラブでは、担当者がマンツーマンで筋力アップのサポートも行っています♪
最近、体力がなくなってきた。。。。何歳になっても歩けるカラダ作りのために!
気になった方はコチラに↓↓



話は戻り、熱中症予防のために押さえておきたい水分の摂り方★<
水分補給は『早めに、こまめに』といわれています。
おすすめは「水分を摂る時間を決める」です。
下図のように一日のライフスタイルの中でコップ8杯の水を飲むことを意識してみましょう!


参考資料:厚生労働省HP
「健康のために水を飲もう」推進運動


ただ、水分を摂っているつもりでも水分不足になることも・・・
たとえば、カフェインを多く含むコーヒーや紅茶、そしてビールは利尿作用があります。
アルコールは代謝するのに水分を消費されるため、いずれも水分補給にはNGです。
これらの嗜好品はたしなむ程度に、水分補給は水や麦茶などのノンカフェインのお茶を選ぶようにしましょう!
ぜひ、ご自身とご家族の熱中症対策に取り入れてみてください★
筋力アップと正しい水分補給であと少しの残暑を乗り切りましょう!