症状別コラム


年々、増加傾向になる指定難病のひとつ

潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらんや潰瘍が出来る、炎症性疾患です。慢性に経過し、再発の傾向があり、粘液や血液の混じった下痢が続くのが特徴です。日本では現在、16万6千人の人が罹患しているとされています。
発症年齢のピークは、男女ともに20代中盤からが多いですが、若年層から高齢者まで発症します。原因は明らかになっておらず、治療法は薬物治療が中心で、重度の場合は手術を必要とします。しかし、完治に導く治療はまだ確立されておりません。(難病情報センター参照)

漢方で考える潰瘍性大腸炎

戦前・戦後の漢方の世界を支えた相見三郎氏の経験上、柴胡桂枝湯などの柴胡剤が潰瘍性大腸炎の者にしばしば功を奏したことから(体質に合っていることが前提です)、神経性のストレスとの関連が深いのではないか?と考えられています。このことから、第一選択には柴胡剤を用いることが多いです。
基本的には、西洋薬との併用を行います。
漢方と西洋薬を上手に併用することで、緩解状態を長く続けていることもあるようです。この疾患は原則として、虚証(体力がない)と判断しますが、熱証(体が熱がこもっている)の場合・寒証(体が冷えに弱い)もあるので、区別して使い分ける必要があります。(漢方診療医典 大塚敬節著 南山堂出版 P.115参照)

慢性疾患と漢方

潰瘍性大腸炎に限らず、慢性的に経過する疾患には漢方薬で体質を根本から整えていくことがおすすめです。不調や病の発生には、体質の乱れが隠れています。漢方相談では、お客様に起こる不調や病がどんな体質の乱れがきっかけになっているのかを、カウンセリングの中で判断を行い、お客様のお悩みと体質に合った漢方薬のご提案をさせていただいております。まずは、お気軽にご相談下さい。

漢方つむぎ堂の漢方相談について

巷にはたくさんの健康法が溢れています。
水分1日2ℓ、ロカボ、岩盤浴、バナナダイエット、スムージー、生食主義、熱めのお風呂に入るなど、数えきれない程存在します。

テレビや本で紹介されていたものであっても
水分をため込む体質の方が1日に2ℓの水分を摂ると、逆に調子を崩しますし
バナナは身体を冷やすので、寒がりの方や低体温の方にはあまりお勧めできません。
本当に合った健康法を知る為には、まず自分の体質を把握することが大切です。

漢方つむぎ堂では、ただお薬をお選びするだけではなく
お客様のお悩みと体質に合わせた漢方薬や食事、運動などの養生のご提案をさせて頂いております。
また、漢方のご相談だけではなく、簡単な体質チェックも行っておりますので
まずはご自分の身体に少しだけ向き合ってみられませんか?

体質チェックは、10分程度でどなたでも行う事が出来ます。
ご予約の方が優先となりますので、事前のご予約をお待ちしております。

遠方のお客様や不調が辛く外出の難しい方

相談してみたいけれど、ご来店が難しい・・・というお客様へ
漢方つむぎ堂では、お電話での漢方相談も承っております。

お電話でのご相談の流れは、
① 当店よりお客様へお電話させていただきます。
② ご相談・処方の決定とお薬や飲み方のご説明。
③ お薬は送料無料(5000円以上の購入)で宅配便にてお送りいたします。

お悩みがお肌など皮膚の場合は、より合った処方をお選びする為に、携帯電話などで部位のお写真をお願いすることがございます。

どんなお悩みでも構いませんので、まずはお気軽にお問合せください。



サンキュー漢方つむぎ堂 小倉駅前店

  • 0120-262-039
  • 〒802-0002
    北九州市小倉北区京町3-1-1 小倉駅前セントシティ地下1階
  • 月火水木土 9:30〜18:30
    金 9:30〜20:00
  • 日曜・祝日

サンキュー漢方つむぎ堂 平野店

  • 0120-181-039
  • 〒805-0062
    北九州市八幡東区平野3-1-3
  • 9:00〜18:00
  • 水・日・祝日 休み

サンキュー漢方つむぎ堂 一枝店

  • 0120-228-039
  • 〒804-0021
    北九州市戸畑区一枝2-3-35
  • 9:00〜18:00
  • 木、第1・3・5日 祝日休み

北九州 小倉 戸畑 八幡 漢方相談 サンキュードラッグ
サンキュー漢方つむぎ堂の改善例です。