調剤事務員(新卒)

調剤事務 岡部悦子 麻生医療福祉&観光カレッジ 2013年入社

調剤事務 岡部悦子 麻生医療福祉&観光カレッジ 2013年入社

細心の配慮で調剤補助からコンシェルジュ業務まで。

調剤事務員:岡部 悦子(おかべ えつこ)さん

調剤事務員の仕事とは

調剤薬局において、処方箋を受け付け、お薬代の計算や薬のピッキング等、患者様にお薬をお渡しするまでの様々な準備を行います。また事務業務、調剤補助業務だけでなく、患者様に待ち時間を快適にお過ごし頂くため、お飲み物のサービス等を行う、いわゆるコンシェルジュ業務も含めて、お客様から選ばれる薬局づくりを支えます。患者様との最初の接点として大きな責任を担うとともに、薬剤師をサポートする為に、さまざまな“気づき・心配り”が求められる仕事です。

キャリアプラン

サンキュードラッグではキャリアステップを着実に積み重ねていけるように様々なポジションがあります。
一口に店舗と言っても、サンキュードラッグには併設店・門前薬局・センター店等、様々なタイプのお店があります。まずはすべてのノウハウが詰まった現場で経験を積んで下さい。その後のプランはあなたのやる気次第です。
プランは一度決めたからといって変えられない訳ではありません。100人いれば100通りのプランがある。様々な業務にチャレンジしながら、自分の進むべき道を切り拓いて下さい。


調剤事務のキャリアプラン

調剤事務のキャリアプラン

教育について

入社前は様々な業務を覚える事に不安があると思いますが、新入社員1人につき1人の 指導者がつき、不明な点をいつでも質問できる環境が整っているので安心です。入社1年後には事務責任者として仕事が出来るまでに成長しています。成長して指導者の下を離れても強い絆で結ばれているため、互いに助け合えるような良い関係を築くことができます。

やりがい

患者様と薬局の受付で会話をする機会が多く、その際に患者様が楽しそうにお話をして下さる事がとても嬉しく感じます。患者様から頂く「ありがとう」が入社当初からのやりがいです。私たちはスムーズにお薬の受け渡しが出来るようにスタッフのサポートに入る事もあります。私たちのサポートで待ち時間の短縮に繋がった時は、患者様だけでなくスタッフから感謝されます。また、現在は新入社員の教育を担当しており、約1年をかけて教育プログラムに沿って指導しています。指導した後輩たちが頼もしく成長していく姿は涙がでるほど嬉しいです。

サンキュードラッグを選んだ理由

地域に密着しているサンキュードラッグで、医療従事者として社会貢献したいと思ったからです。業務に関する知識を学ぶ、会社独自の専門研修制度が用意されている点も魅力でした。学ぶ機会を提供してもらえるので、調剤薬局についての専門的な知識がなくても安心して働く事が出来ます。また、店舗同士の距離が近く、普段それぞれの店舗で頑張っている同期の働きぶりを聞く事で、自身の向上心も増します。共に入社した仲間や先輩はオンもオフも支え合える良き相談相手です。

仕事の内容はこちら
採用までのながれはこちら
募集要項はこちら