生薬と養生の豆知識


前回のおさらい

マクロビの基本は「食」

 実践していくうえで大切な3つのキーワード。

「身土不二」「一物全体」そして「陰陽調和」

1回目2回目の中で

「身土不二」 その土地のもの、旬のものをいただくという考え

「一物全体」 ひとつのものを丸ごと食べるという考えをお話しました。

 

今回は最終回

「陰陽調和」とマクロビ食で気をつけていただきたい事についてです。

東洋医学の世界観

「陰陽調和」とは東洋の伝統的な世界観で

食べ物にあてはめて考えると、

体を締めるもの、体を温めるものは陽性で、毛穴をキュっと締め冷えないようにしています。寒い地方の方は漬物も塩辛いですよね。

緩めるもの、冷やすものは陰性です。逆に毛穴を緩め、熱を逃がします。

暖かい地方の方は果物やコーヒーなど、食べて体の熱を取っているんですね。

暑い季節には陰性の食べ物、寒い季節には陽性の食べ物が向くなど、陰陽のバランス、調和が大切という考え方です。

身体を温めることも、冷やすこともどちらもせずに、身体のバランスを保ち、軸となる中庸という性質があります。食事を摂るなら、是非、中庸のものを摂って頂きたいです。

ちなみに、「中庸」のところに、主食の玄米が入っています。

そこが体を作る上で軸となるところですので、しっかり主食を摂ることが大切です。

くすると書いて・・・主食。

主食が大事なのです。

マクロビ食で気をつけたい事

一般的に、マクロビオティックの食事法では肉類や乳製品は避けられ、魚介類は控える傾向があります。
基本的な栄養は穀物と野菜から摂取しますが、どうしても不足しがちな栄養素があります。
それが「たんぱく質」や「鉄分」です。
たんぱく質は豆類が理想ではありますが、
卵、鶏肉などから摂取し、健康的に無理せず続けることをオススメします。
私も以前のようなストイックなことはせず、
お肉も甘いものも適度に楽しみながら、玄米生活を続けてみようと思います。

漢方つむぎ堂の漢方専門相談

巷にあふれる様々な健康法・・・水分1日2ℓ、ロカボ、岩盤浴、バナナダイエット、スムージー、生食健康法、熱めのお風呂に入る・・・
テレビや本で紹介されていたとはいえ、水分をため込む体質の方が1日に2ℓの水分を摂ると、逆に調子を崩しますし、バナナは身体を冷やすので、寒がりの方や低体温の方にはどれも体質を選ぶものばかりです。
本当に合った健康法を知るには、まず自身の体質を分かる事が大切です。
漢方つむぎ堂では、お客様のお悩みと体質に合わせた漢方薬や食事、運動などの養生のご提案をさせて頂いております。
また、漢方のご相談だけではなく、簡単な体質チェックも行っておりますので
まずはご自分の身体と少しだけ向き合ってみられませんか?
体質チェックは10分程度でどなたでも行う事が出来ます。
ご予約の方が優先となりますので、事前のご予約をお待ちしております。


サンキュー漢方つむぎ堂 小倉駅前店

  • 0120-262-039
  • 〒802-0002
    北九州市小倉北区京町3-1-1 小倉駅前アイム地下1階
  • 9:30〜18:30
  • 水、第2・4・5日曜 祝日休み

サンキュー漢方つむぎ堂 平野薬局

  • 0120-181-039
  • 〒805-0062
    北九州市八幡東区平野3-1-3
  • 9:00〜18:00
  • 水・日・祝日 休み

サンキュー漢方つむぎ堂 一枝薬局

  • 0120-228-039
  • 〒804-0021
    北九州市戸畑区一枝2-3-35
  • 9:00〜18:00
  • 木、第1・3・5日 祝日休み

北九州 小倉 戸畑 八幡 漢方相談 サンキュードラッグ
サンキュー漢方つむぎ堂の改善例です。