生薬と養生の豆知識


飲み物の性質について

緑茶に紅茶、ほうじ茶、コーヒー、ホットミルクと寒いときに飲むものは人それぞれ、様々あるかと思います。ホットにすれば、身体が温まって良いかというと、決してそうではありません。

飲み物が持つ性質が身体を温めたり、冷やしたりします。ですので、身体が本当の意味で体があたたまる飲み物って意外と知らない方も多いのではないでしょうか。

漢方の考え方では、色の薄いもの、たとえば緑茶やホットミルクはカラダを冷やすといわれています。また、南国で栽培されるコーヒーも身体を冷やします。

特にコーヒーに関わらず、暑い国で実るような食べ物は陰性と呼ばれ、体を冷やす性質を持つ場合が多いです。日本でも、夏に収穫できるような、ナスやピーマン、スイカなど夏に採れて美味しいものは、身体を冷やすので、夏の暑さで火照った体を涼しくさせてくれます。

冷やすものとは反対に、身体をあたためてくれる陽性の飲み物は、紅茶やほうじ茶、黒豆茶に黒玄米茶などです。茶葉を焙煎したり、発酵させているような飲み物は性質として、身体をあたためたり、どちらもしない中庸(ちゅうよう)と呼ばれるのものが多いです。

マクロビシリーズ1を参照!

また、漢方の生薬でも使われ、古くから身体をあたためる食材として有名なのが生姜です。こういったものを飲み物に入れると身体を芯からあたためてくれます。もうひとつ生薬でいうと、シナモンティーなどに使われるシナモン(桂皮)も温める効果のある生薬です。ホットミルクやコーヒーを飲むときは、シナモンをプラスするのも

気を付けたいのは甘みをつける時です。基本的に糖分は身体を冷やしますので、できるだけ甘さは控えめにしましょう。

どうしても甘みがほしい時は、白砂糖ではなくメープルシロップやハチミツや黒糖、てんさい糖のなど方が身体への負担が少ないことと、白砂糖のように、身体を冷やしたり、ビタミンの吸収の妨げになったり、アレルギーや糖尿病を誘発する心配も少なくオススメです。

体質や症状で選べるお茶シリーズ

漢方つむぎ堂では、お客様の体調や体質に合わせたお茶として、漢美健茶(かんびけんちゃ)シリーズをご紹介しております。
漢美健茶は、佐賀の漢方専門薬剤師が考案しブレンドしたお茶で、6種類の中からお選びいただけます。

  1. 冷えの気になる方向けのあったか茶
  2. 肩こりの気になる方向けのほぐし茶
  3. お肌の調子が気になる方向けのぴかぴか茶
  4. ダイエットが気になる方向けのすっきり茶
  5. 睡眠不足やストレスの多い方向けのやすらか茶
  6. 疲れやすい方向けのいきいき茶

毎日口にするものから、ご自身の体質に合わせて変えていくことが身体の元気に繋がります。漢美健茶は、お近くのつむぎ堂にてお試しができますので、お気軽にお問合せください。


漢方つむぎ堂では、健康フェアで行っている体質チェックを、店舗でも受付しております。お時間は10分程度で、ちょっと体質について知ってみたい方などお気軽にご来店下さい。体質チェックを体験された方には、もれなく体質に合った漢方の健康茶1包プレゼント致します。

体質チェックのご予約はこちらから♪

また、現在、飲んでいる漢方薬についての質問や、ご自身でお調べになった漢方の処方の事、ドクダミやセンブリなどの民間薬についてのお問い合わせ、マクロビ食品のご紹介など漢方相談以外のご相談も喜んで承ります。



サンキュー漢方つむぎ堂 小倉駅前店

  • 0120-262-039
  • 〒802-0002
    北九州市小倉北区京町3-1-1 小倉駅前アイム地下1階
  • 9:30〜18:30
  • 水、第2・4・5日曜 祝日休み

サンキュー漢方つむぎ堂 平野薬局

  • 0120-181-039
  • 〒805-0062
    北九州市八幡東区平野3-1-3
  • 9:00〜18:00
  • 水・日・祝日 休み

サンキュー漢方つむぎ堂 一枝薬局

  • 0120-228-039
  • 〒804-0021
    北九州市戸畑区一枝2-3-35
  • 9:00〜18:00
  • 木、第1・3・5日 祝日休み

北九州 小倉 戸畑 八幡 漢方相談 サンキュードラッグ
サンキュー漢方つむぎ堂の改善例です。