お知らせ


こんにちは。
漢方つむぎ堂一枝店専門相談員の瀧口です。

さてさて皆さん。
和食はお好きですか?

昨今は食の多様化が進み様々なジャンルの料理を口にする機会も多いかと思います。
もちろん料理は色々な国の文化に触れるきっかけにもなり、美味しく楽しいものです。

しかしながら日本人が慣れ親しんだ食文化もやはり大切にしていきたいものですね。
「身土不二」、「地産地消」という言葉もある通り、日本人にはやはり和食がお勧めですし、無形文化財でもあるこの食文化は後世に残していきたいですよね。

そんな和食に欠かせない「かえし」という調味料を皆さんご存じでしょうか?
みりん、砂糖、醤油を合わせた、煮物や焼き物だけでなく、麺のかけつゆ、つけつゆなどにも使える万能調味料です。

これを加えるだけで普段の和食の味がグンッ!とランクアップする優れものです。
作り方も非常に簡単ですので下記レシピを参考に是非お試し頂ければと思います。


材料


  1. みりん(オーサワの発酵酒みりん):50㏄
  2. 砂糖(さとうきびの詩):50g
  3. 茜醤油:250㏄

作り方

  1. みりんを火にかけてアルコールを飛ばし、砂糖を加えてこげないように良く溶かす。
  2. ①にしょうゆを加えてひと煮たちさせる。

以上です(笑)
ポイントとしては・・・みりんのアルコールをしっかり飛ばす事と醤油を入れてアクがでたら取る事ぐらいです。
これから暑くなってくる季節には、お好みの出汁と合わせて素麺のつけつゆなどにも良いと思います。

健康は食事から!
日本人の身体と味覚に合う和食を是非楽しんでみてくださいね。