その他


47歳女性

4~5年前から時々のどに何か物がつかえたような異物感が出始めた。
ずっと出ている訳ではなく、特にストレスがかかった時に出ることが多く、出ては消えてを繰り返していた。病院に行ってみたものの原因は不明。
ごくりと飲み込んでもうがいをしても良くなる気配はないのでそのままにしていたが、ここ最近では一緒に咳やなかなか切れない痰まで出始めた。
一度出ると咳が止まらず、なかなか切れない痰はのどの異物感と一緒になるので気になって夜眠れないこともあり、睡眠不足から集中力が低下して仕事にも影響が出て非常に困るし症状自体がかなり辛い。

どうにかしたいが病院では良くならず、自分でも考えうる対処は一通り試したものの改善しないので、漢方ではどうだろうか…と思い相談に来られたとの事でした。

体質をお伺いさせて頂くと、この方の場合ストレスからの気の滞りが強く逆流している状態、いわゆる「気逆」の状態でした。咳やのどの異物感(※漢方では「梅核気」と呼びます)もそこからきていました。

そこでお客様とご相談の結果、気を巡らせて体質に合った処方をお選びして、煎じ薬で服用を開始して頂く事になりました。

四苦八苦しながらも

最初は煎じるのに苦労され、味が苦手なご様子でしたが2週間もすれば慣れてきて、この頃から「何となく良いかも」という気がしてきたそうです。

服用から1か月後には、のどの異物感と痰はまだあるものの咳は完全に出なくなったと早速の変化を感じていらっしゃいました。このころから以前のように眠れるようにもなってきました。

そして3ヶ月後にはのどの異物感を感じる時間がだんだん少なくなっている事に気づき、痰も少なくなって切れるようになっていました。

そのまま服用を続けて頂き、5か月後には症状がほとんど出なくなっていました。
「あんなに悩まされていたのが嘘みたい!」と大変喜んで頂けたのがとても嬉しかったです。

その後もしばらく服用を続けて頂きましたが、養生を心がけつつ現在は漢方も基本的にはストップされており、少し調子を崩しそうかな?ストレスかかりそうかな?というときに軌道修正的に服用をされています。

この調子でこれからもご自身の力で良い状態を維持し続けて頂きたいです。


北九州 小倉 戸畑 八幡 漢方相談 サンキュードラッグ
サンキュー漢方つむぎ堂の改善例です。