漢方とは

心・食・動・休・環 を整える

人はなぜ病気になるかよくよく考えていくとの5つに行き着きます。

  1. ストレスや心配事や悩みなど
  2. 食事の不摂生(食べ過ぎ、偏り等)
  3. 運動不足
  4. 睡眠等の休養不足
  5. 環境の問題


このことを漢方では、「心・食・動・休・環(しん・しょく・どう・きゅう・かん)」と言います。
風邪をひいて、大したことがなければ、寝ていれば治ります。
それが自然治癒力で、治そうという絶大な力が人間には備わっています。
現代のライフスタイルは「心食動休環」の5つのバランスがとりにくく、本来備わっている自然治癒力が低下し、様々なトラブルを引き起こしています。
「心食動休環」を整え、自然治癒力を最大限に発揮させる。それが病気を克服するカギでもあります。
丁寧なカウンセリングを通して、病気になった根本的な原因を追究し、心食動休環を整える生活を送ることは「漢方薬」と同じぐらい大切なことです。