レポートReport

松尾浩右さん/第一薬科大学

病院実習で医療現場の薬剤師を見た経験から、僕には「患者さんにより多くのはたらきかけができるのは薬局より病院だろう」という意識がありました。でも、今回経験したのはバイタルサインの測定や医師と連携した往診同行など先進的なものばかり。むしろ病院より精力的なその取り組みに驚き、さらにドラッグストアという基盤は地域のセルフメディケーション支援という面からも薬剤師の職能を活かせる場なのだと新たな魅力に気がつきました。意識が変わったことの一つがOTC薬の販売です。医療用医薬品に比べるとOTC薬は作用が緩やかな薬という程度の認識でしたが、同じ風邪薬でも様々に種類があり最適なものを選ぶには専門の知識がいる。しかも、選んで終わりでもない。薬を求めてきた人がOTC薬で済ませられる状態なのかを正確に見抜く、受診勧奨まで含めた応対が求められる現場なのだと初めて知りました。
たくさんの先生方にお話しを伺う中でどの先生にも共通していたのが「やった方がいいと思ったことはやる」という挑戦の姿勢。患者さんを元気にする、地域の健康を守るために何ができるか。僕も薬剤師としての職能をフルにいかす、そんな薬剤師になりたいです。