レポートReport

中村美穂さん/崇城大学

将来は県庁に就職。仕事に安定を求めてそう考えてきましたが、薬局・病院実習で医療現場に接し「薬剤師としてどうなりたいのか」と気持ちに変化が。何でもいいから道しるべが欲しい…そんな想いからの参加でした。
チーム医療やセルフメディケーション支援という取り組みに加え、そこに関わる先生方の患者さん本位の姿勢が素晴らしかった。簡易血液検査をされた糖尿病の方が「毎日のおまんじゅうが生きがい」と仰る。すると食べないよう言い含めるのではなく「いちご大福に変えてみませんか」と糖質を減らす代替案を提案されたり。往診前訪問を始めたきっかけについて「患者さん第一に考えたら自然に導き出された」という言葉も忘れられません。サンキュードラッグが高齢化の進む北九州に則した活動をされているように、各地域に求められる医療や薬剤師像があるはずという新たな考えも生まれました。「減薬剤を考察しQOLの向上やADL低下防止に繋げる」とのお考えに共感し、そのためには薬理や病態の知識も不可欠という気付きも――。数々の先進的な現場を体験することができたインターンシップでした。残された学生生活、将来について期待以上のものをいただき、感謝しています!