レポートReport

渡邉和貴さん/就実大学

将来的な進路について「病院か、調剤薬局だろうなぁ…」と漠然と考えていたのはドラッグストア薬剤師の業務内容をよく知らなかったから。今回のインターンシップで、簡易血液検査などを通じたセルフメディケーションの推進、高齢者のバイタルサイン測定やそれを踏まえた往診同行など、サンキュードラッグ薬剤師の活動範囲の広さに驚きました。
特に往診同行ではドクターに薬のプロとして頼りにされているだけでなく「患者さんを間近でよく見ている人」という意味でも信頼されていることを実感。往診前のバイタル測定も含め、たしかに薬剤師の方が患者さんに接する機会が多いのですが、その観察力がすごいんです。例えば、皮ふ病がなかなか改善しない患者さんについて「住まわれているお部屋に湿気が多いようなんですが…」と住環境についての情報を提供されていたり。ドクターとは違う視点から患者さんを見ている、薬剤師なりの寄り添い方があるんだと初めて気付く部分がたくさんありました。薬で治療をするだけでなく、地域の方々の健康維持の部分から関わっていける。ドラッグストア薬剤師の業務領域の広さとやりがいを知ることができた刺激的な3日間でした。