レポートReport

植木晢さん/福岡大学

薬局実習でもOTC薬に触れる機会がなく、去年参加した大学の先輩に調剤薬局併設のドラッグストアと聞いて興味がわきました。病院の患者さんになる前段階の「地域の方」にOTC薬を説明するのはどんな感じなんだろう、と。ロールプレイでは自分にOTC薬の知識がほとんどないことを痛感すると同時に、大学では成分の一部を学ぶ程度のOTC薬が多くの方々にとって「距離感の近い薬」として求められている現実も再認識しました。
副作用のモニタリングを含めた往診前のバイタルサイン測定や簡易血液検査から生活習慣の改善を促す取り組みなど、サンキュードラッグ薬剤師の業務は「調剤薬局を併設するドラッグストア」として僕が想像していたものよりずっと幅広く、3日間は驚きと発見の連続でした。最終日に各班に分かれてこれからの薬剤師像を発表しましたが、僕らの結論は…「肉食系薬剤師」(笑)。様々な経験を通して「自分から仕掛ける」という発想になったこと、また短期間ながら業務を共にして他大学の薬学生同士すごく仲良くなれたことでひらめいた言葉です。僕自身、薬を渡すだけではない、地域の健康維持に自分からはたらきかけていく薬剤師になりたいと思っています。