レポートReport

浅野莉穂さん/京都薬科大学

第1類医薬品の販売で法律上必要だからいる――ドラッグストア薬剤師にそんなイメージしかなく、実際どんな仕事か知りたいという好奇心から参加。バイタルサイン測定や店舗での簡易血液検査、漢方薬局の相談体制など業務の幅広さに驚き、それらが薬剤師発信の取り組みだと知って自ら活動領域を広げていく姿勢にさらに驚きました。インターンシップの内容もとても有意義でした。例えばOTC薬の販売は「帯状疱疹が疑われるが本人は虫さされだと思っている」と実例がありそうな設定。患部の状態などを聞き出しOTC薬では限界があると医師の診断を勧めても「仕事が忙しい」と返され、ロールプレイながらとても手強い(笑)。でも実際そういう方が多いのだろう、放置した場合の危険性という根拠を持って説得しないと響かない、誠意ある受診勧奨とは何かを改めて考えました。
 「薬剤師はただ薬を渡す人ではない。薬は効いているか、症状は改善されているか、副作用は出ていないか、もっと良い治療はないか正確に評価まで行ってはじめて薬剤師の仕事は完結する」というお話にも胸が熱くなりました。新しい知識と経験にプラスαを得られたインターンシップ、参加してよかった!